パソコンの画面を見ている男女

会社設立に必要な知識はネットや本で知り、吸収することができますがまずは、起業先のインドネシアがどのような国であるか、そして宗教問題はどのようになっているかなど国情報を知っておく必要があります。

インドネシアで会社設立をする為には、ある程度資金が必要になってきますが、有限会社にするかそうでないかで相場も変化してきます。近年は定額で起業ができるようになりましたが、それを含めて費用情報を見ていきます。

インドネシアで会社設立をする前に知っておきたい注意点は、分野によって外資系の参入が可能であるかです。それを確認することによって計画倒れや一からやり直すといった時間のロスを無くすことができます。

日本同様、インドネシアでも会社を設立する際は法に基づいた手続きが必要となります。資金だけでなく、設立登記や投資登録などが必要になってくる場合もあるので、予め会社設立における最低限の準備が必要となってきます。

メリットとは

インドネシアは、日本の倍に及ぶ広さを誇った国となっており、島の数も把握しきれない程あると言われています。
場所によっては、英語が通じるなど言葉の壁にぶつかることがありません。また、親日家が多いことでも知られており、日本語を流暢に話す人も大変多くいます。
様々な文化が入り交ざっているこの国では、会社設立をするには大変良い環境と言え、心温かい民族が集結していることから進出はインドネシアからと決めている人もいます。
その土地に馴染むには、それぞれの文化もあるので進出前にまず把握しておきたいことになりますが、なぜここまで、会社設立が集中しているのか気になる人も多いです。
この国が、数字や英語に強いことからIT産業も盛んになっています。この事から、インドネシアでは様々な事業が展開できる場であることを知ることができます。
元々この国は、産業が発達している国として知名度を上げてきました。代表的なのがガスと機械類、石油などは輸入率トップとなっています。
これは、政府が出した調査結果ではありますが、いかにインドネシアが世界の中心にいるかを知るきっかけとなる結果となっているのは言うまでもありません。そしてそれを輸出しているのも日本になっている為、会社設立のパートナーであるのは明確です。
とは言え、貿易に関しての問題はなく、また日本との関係も良好であることから初めての海外進出に大変向いているのは確かです。しかしその情報だけを元に会社設立をするのは少し危険行為でもあります。
文化の違いはあっても、これからビジネスパートナーとして発展をしていくわけですから、失敗はしたくないというのが本音です。その為には期間をかけた検討と、将来のビジョンを確率するなど、具現化しなければ、どんなに良い場所でも失敗に終わってしまいます。なぜ、進出しないのかなど目的を明確に持てば自然と方向性を見出すことができるのです。
まずは、会社設立に必要な基本情報を知っていき、デメリットを吹き飛ばすくらいの勢いがある会社を目指していけば、世界進出成功も夢ではありません。