文化を知る

インドネシアは、現在発展をし続けている国として、多くの企業が進出しています。
会社設立するには、まず現地の事を知る必要があります。
正式にはインドネシア共和国といって、大小様々な島からなる国です。
国土は日本の約5倍の広さを誇っています。
公用語はインドネシア語で、都市部では英語を話す人も多くいます。
主要産業は製造業が25%前後を占めているので、会社設立を考える上で製造業を考えている人は有利であります。
輸出・輸入ともに日本と関わりが深いので、会社設立には最適といえます。

インドネシア人は、素直で情が厚い一方、日本ほど仕事熱心ではありません。
会社設立して、現地の人を雇用しようと計画しているのであれば、国柄や気質を受け入れる覚悟でやらなければなりません。
宗教は、地域によって異なります。
多くの人はイスラム教を信仰しています。
イスラム教では、アルコールや豚は口にすることを禁止されています。
会社設立の際、レストラン経営を考えている人は、出してはいけない料理についても把握しなければなりません。
ただ、バリ島などの観光地では、お酒を出しているところもあるようです。

インドネシアと日本では、労働条件や法律も異なります。
労働時間は、日本と変わらず1日8時間、週40時間のところが数多くあります。
人口需要が2億人以上と、世界第4位の規模であり、かつ天然資源が豊富ということで、世界的にも注目されています。
海外の投資家からも期待が集まり、経済成長率も順調に伸びている国です。
会社設立にはぴったりの国と言えるでしょう。