設立前にすべき事

インドネシアで会社設立する際は、様々な手続きをしなければなりません。
まずは、ビザの申請を行いましょう。
仲介業者で、取得代行サービスを行っているところもあるので、依頼しても良いでしょう。
就労ビザと移住許可証などの書類は、有効期限が1年となっていますが、更新は可能です。
法人設立のために日本人を派遣するときにも、就労ビザが必要となります。
就労ビザを取得するために、多くの工程を踏まなければなりません。
仲介業者に依頼して、申請のサポートを行ってもらいましょう。

会社設立をする上で、社名を決めることは大切なことです。
社名を決めても、申請を行わないと会社として成り立ちません。
一週間ほど前には、申請を行いましょう。
また、インドネシアで会社設立する際は、外国投資登録が必要です。
投資調整庁への申請などは、1ヶ月を目安に早めに行わなければなりません。
会社定款の作成や設立証書の承認申請は、インドネシアの公証人による承認が必要なので、1周間ほど時間がかかります。
設立登記や会社登録・銀行口座の開設など、インドネシアで会社設立をするには多くの手続きが必要なので、早めの行動が必要となります。

会社設立は国内でも同じですが、インドネシアなど海外で行なう際は、手続きや承認が必要なものが多いです。
現地での承認が必要なものに関しては、時間がかかるものがあります。
どういった手続きが必要で、どのくらい時間を有するのかを計算して行いましょう。
費用や資金があっても、手続きに不備があっては会社設立が出来ません。
銀行開設やビザ取得など、多くの手続きに関して仲介サービスを行なう業者がいるので、依頼しても良いでしょう。